医療レーザーしたんです
ホーム > 空き家スイッチ > まずは空き家スイッチで不動産のことを勉強

まずは空き家スイッチで不動産のことを勉強

誰も住んでいない空き家が町内に一つや二つあるものです。雑草だらけだったり、家の壁が何やら分からない木の枝のようなもので覆われているのを見ると、人が住まなくなって何年経つんだろうと考えてしまいますよね。離れた所にぽつんとあるならともかく、住宅街にそこだけとなると、隣近所の人は迷惑だろうなと思います。火事になったりしたときのことを考えてしまいますよね。いっそのこと建物を壊して更地にしてしまえばまだ見た目にもいいのに、そうしないのは建物があるほうが税金がかからないからというのを聞いたことがあります。シャンプー本体と詰め替えなら、本体の方が安いみたいなエコを推進してるんだか、してないんだか、といった矛盾した状況に似ていますよね。

 

空き家スイッチで不動産の勉強をしてみる

 

借り手がいないとか、手入れに行けないとか、どうせ何も変わらないとか、どうしようもないから放置しているのだと思いますが、自分で勝手に答えを出さずに、不動産に詳しい人に相談してみると新しい道が開けるかもしれませんよ。空き家周辺の土地が値上がりしている可能性だってありますからね。投資のチャンスです。まずは空き家スイッチで空き家や不動産投資を勉強してみてはいかがでしょうか。見てみぬフリをしていた問題が解決するかもしれません。