医療レーザーしたんです
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化を行う上で知っておくべきリスクなどについて

クレジットカード現金化を行う上で知っておくべきリスクなどについて

クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を換金するクレジットカード現金化には、業者に依頼するという方法と自分で商品を売買して現金を得るという方法があります。

業者に依頼する場合には一定の手数料が必ず発生するので、得られる金額よりも多くの金額を後でカード会社に支払う必要があります。

多重債務に陥らないように、計画的に行うことが大切です。

また、業者に依頼する場合にはキャッシングとは異なり収入証明書などは必要ありませんが、本人確認のために身分証明書やクレジットカードの提示が必要になります。

したがって、利用者の氏名や住所やクレジットカード番号といった個人情報が漏れるというリスクがあります。

このような場合は盗難や紛失とは異なり利用者本人の過失となるので、カード会社から補償が受けられません。

このようなリスクを減らすためには、優良な業者にクレジットカード換金を依頼することが大切です。

必要以上に個人情報を聞き出そうとする業者には注意が必要です。

優良な業者かどうか確かめるために、業者に電話で問い合わせて反応を確認してみると良いです。

一方、自分でショッピング枠で購入した商品を売却する場合はやり方次第で業者に依頼するよりも高い換金率になりますが、カード利用停止や強制解約になるリスクが高いです。

どうしても現金が必要な場合にショッピング枠を使って現金を得るならば、念入りな情報収集を行って優良な業者に依頼するのをオススメします。

しかしインターネットで検索すると沢山の現金化業者があり見極めるのにはかなり時間がかかってしまいます。

私なりにいろいろ検索してみて優良そうな口コミサイト見つけましたので参考にしてみてください。ビックギフト口コミ